心理テストの絵

スポンサードリンク

心理テストとは、精神やメンタルな部分を測定する精神検査で、性格や態度といったパーソナリティーを測定する人格検査(正確検査)です。テストの種類は実に約30種以上もあり、心理テストの絵は大変バラエティーに富んでいて、面白いものもたくさんあります。そもそも人間の心理状態とは、多くの欲求、葛藤、願望があり、それらを満たすために様々な行動パターンが現れ、それにともなって喜怒哀楽といった心の状態が現れてくるのです。これは多くの人が共通して持っているものなので、結果的に、擬似体験し、あるいは自分がおかれている状況を想像して、自分がどのような行動パターンをとるかといったものを分析することから、自分が気付いていない深層心理の状態を知ることができるのです。その行動や心の状態を体系付け、学術的に理論付けしたものが心理学で、これは、人間の行動や心の状態を統計的に処理し、人間の内面について深く解明していく学問なのです。心理テストに絵や図形、数字、言語などを利用する知能検査などが含まれます。精神分析や臨床検査に使われる専門的なものも多く、一般的な適性検査に使用されるものは限られています。

心理テストの絵は面白い

心理テストで絵を描いてそれを診断するバウムテストと呼ばれる大変有名な方法があります。心理テストの絵は難しく考えることはなく、基本となる解釈を参考にして、絵を読み取ることを楽しみながら行なえます。これは、ドイツのC.コッホにより考案されたもので、A4くらいの紙に、自由に描かせた「1本の実のなる木」について、全体的な印象をはじめ、樹木の形態、鉛筆の動き、樹木の位置の4側面から、約60項目にわたって診断的解釈を行い、人格特徴を分析、把握します。ここでは、鉛筆だけでもクレヨンなどを使って色をつけてもよく、制約はありません。このような「木の絵を描く」などの間接的な方法で、心の状態を知ろうというやり方を投影法といいます。バウムテストは解釈や分析はとても奥深いものですが、紙と筆記用具さえあれば、どこででも簡単に数分で行なえます。間接的な手法なので、正確かつ難しい設問も不要です。それでありながら、驚くほど広範囲のことが判定できるテストなのです。判定の結果を積極的に自分の生活や行動に取り入れることで、より豊かに、自分を向上してゆくことができるようにすると良いでしょう。普段の生活、日々の行動の中から、時には自分を変えていくことが必要になってきます。そんな自分を変えるヒントを与えてくれる役割がこれらのテストにはあるのです。

ゲーム感覚で心理テストの絵

心の病で苦しんでいる方には、薬を使った「薬物療法」とカウンセリングなどの「精神療法」によって治療をします。病院においては、心理テストの絵は診断の参考にするために、あくまで補助的に用いられるということになりますので、結果がすべてという訳ではありません。もし自分の状態をきちんと知りたいのでしたら、医療機関へ受診し、診断を受けて、早期発見、早期治療を心掛けてください。心理状態を分析する方法については、古くから学術的に研究されてきました。形式として代表的な質問紙法(質問形式で分析する)、投影法(絵や図を見せてその反応で分析する)、作業法(単純な作業を繰り返し行うことで分析する)などがあります。心理ゲームは、単純選択法、自由記述法、得点化分類法およびフローチャート分類法に大別されます。また、解答に関して、質的分類を行なうこともあれば、%表示でレベル分類することもあります。心理テストに絵を使う描画ゲームの多くは、バウムテスト(投影法)やHTPテストで、商品価値の高い心理ゲームは意外性、フェイント、アイスブレーク、抑圧説の利用というような要素を含んでいます。

最速ニュース


おみくじは 末吉


ラッキーカラーは 肌色


ラッキーな場所は 文房具店


2014年08月20日現在、20時01分07秒。

スポンサードリンク

関連ページ